【英会話】「それな!」ってどう言うの?

英会話

こんにちは、Takuです!

今回は、学生の間でよく使われる「それな」の英語表現を紹介したいと思います。

実際にこの言葉は、2013年の女子中高生流行語の5位になりました。

「それな」は基本的に「だよね」と同じで、相手の言ったことに対して同意、共感を表すときに使います。

学生に限らず知っておくと便利な表現ですので、是非参考にしてください。

「それな」を意味する英語表現

Right /  That’s right

直訳すると「それは正しい」という意味です。

「だよね」のように共感するときに使います。

特に Rightは That’s right に比べてくだけた表現であるため、より「それな」に近いです。

True / That’s true

直訳すると「当たっている」という意味です。

相手が言ったことに対して使うと「だよね」「それな」として同意・共感を表します。

RightやThat’s true と同様に使うことができます。

The train is very crowded. (電車がすごく混んでる)

That’s true. (それな)

Exactly

直訳すると「正確に、確かに」と言う意味です。

相手が言ったことに対して使うと「まさに君の言う通りだ」というニュアンスになります。

これまでよく耳にしてきたので覚えておくといいでしょう。

I know, right ?

これも「だよね」「それな」という意味で使うことができます。

Twitterなどでは略語で IKR として稀に使われます。

この表現が1番学生の間でよく使われる「それな」のニュアンスに近いと思います。

She is so cute. (彼女はとてもかわいい)

I know, right ? (それな)

なぜI know が同意・共感を表すかは以前こちらの記事で解説したのでぜひ読んでください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は同意・共感を表す「それな」の英語表現として、

Right, That’s true, Exactly, I know right ? の4つご紹介しました。

良い人間関係を築く上で、会話に共感することは非常に大事なことなのでぜひ覚えて使えるようになってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました