【英会話】That’s a wrap ってどういう意味?

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんは That’s a wrap という表現を耳にしたことはありますか?

直訳すると「それはラップです」となりますが、スラングとして全く別の意味として使われます。

今回はThat’s a wrap の意味と使い方について紹介します。

この機会にしっかり学習していきましょう!

スポンサーリンク

That’s a wrap の意味

That’s wrap は「これでおしまい」「これで終わり」という意味です。

wrap は映画業界で「1日分の撮影の終了」を表すことからこの意味として使われるようになりました。

“絶望”を表すときと”お疲れ様”を表すときの両方の場面で使うことができます。

That’s a wrap for today !
(今日はこれでおしまい!)

That’s a warp.
(終わった…)

似たような表現

wrap up

wrap は「〜を包む」という意味を持つ動詞ですが、包むような動作から wrap up で「終わる」という意味として使われます。

以下の例だと「ミーティングを包む=終わらせる」というイメージです。

Why don’t we wrap up this meeting with his words.
(彼の言葉でこのミーティングを終わりにしよう)

call it a day

call it a day. で「終わりにする」という意味があります。

直訳すると「それを1日を呼ぶ」でここから「 1日分として区切りをつける、今までしてきた何かにひとまず区切りをつける」というニュアンスで、やめることを決断する表現として使われるようになりました。

ビジネスの場面でよく耳にする表現です。

Great job today, everyone. Let’s call it a day.
(みんな今日はお疲れ様。今日はここまでにしよう)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は That’s a wrap の意味と使い方について紹介しました。

That’s wrap はスラングとして「これでおしまい」「これで終わり」という意味として使われます。

ネイティブの間で使われている表現には意味を知らないと伝わらない表現が多くあります。

以下の記事ではネイティブが使う That’s enough. の意外な意味について紹介しているので、合わせて読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました