【英会話】That’s a wrap ってどういう意味?

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんは That’s a wrap という表現を耳にしたことはありますか?

直訳すると「それはラップです」となりますが、スラングとして全く別の意味として使われます。

今回はThat’s a wrap の意味と使い方について紹介します。

この機会にしっかり学習していきましょう!

スポンサーリンク

That’s a wrap の意味

That’s wrap は「これでおしまい」「これで終わり」という意味です。

この表現には「お疲れさま」の意味合いを含みます。

wrap は「〜を包む」という意味を持つ動詞ですが、包むような動作から「wrap up」で「終わる」という意味として使われます。

That’s a wrap の使い方

以下のように仕事やパーティーなどで終了の合図をする際に使います。

主に映画業界・ショービジネスで使われる表現でしたが、スラングとして日常会話でも使われるようになったようです。

That’s a wrap for today !
(今日はこれでおしまい!)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は That’s a wrap の意味と使い方について紹介しました。

That’s wrap はスラングとして「これでおしまい」「これで終わり」という意味として使われます。

知らないとなかなか意味を想像できない表現ですので、この機会にぜひ覚えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました