【英会話】That’s cap. の意味とは?

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんは That’s cap. という表現を耳にしたことはありませんか?

直訳すると「それは帽子です」というおかしな意味になりますが、実際に日常会話で別の意味として使われます。

今回は That’s cap. の意味と使い方について紹介します。

この機会にしっかり学習していきましょう!

スポンサーリンク

That’s cap. の意味

That’s a cap. は「嘘でしょう」「冗談でしょう」という意味として、小さな驚きを表す際に使われます。

cap は「帽子」の他に「嘘」という意味があり、動詞としてcapping「嘘をつく」という意味でも使われることもあります。

That’s a cap!
(それは嘘だ!)

He is capping.
(彼は嘘をついている。)

似たような表現

No cap.

No cap. は「嘘じゃない」「マジで」という意味があります。

本当のことだと相手に信じてもらいたいときに使われます。

Look at this video. No cap, it’s the best I’ve ever seen.
(このビデオ見て!マジで今までに見た中で一番良いんだ。)

Are you kidding me?

Are you kidding me ? は That’s a capと同様に「嘘でしょう」「冗談でしょう」という意味です。

kid は動詞で「~をからかう」という意味で、「私をからかっているの? → 冗談でしょう?」という意味として使われます。

ネイティブの会話でよく耳にする表現ですので、合わせて覚えてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は That’s cap. の意味と使い方について紹介しました。

That’s cap. は「それ嘘だ」「冗談でしょう」という意味として使われます。

ネイティブが使う表現にはなかなか意味を知らないと伝わりづらい表現が多いです。

他の記事でもさまざまな表現について紹介しているので、合わせて読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました