【英語】ネイティブの使う That works for me の意味とは?

ビジネス英語

こんにちは、Takuです!

みなさんにも「That works for me」という表現を聞いて、わからないと感じた経験があると思います。直訳すると「それは私にとって働きます」となりますね。しかし実際はどのような意味なのでしょうか?

この表現はネイティブの間で日常会話やビジネスなどさまざまな場面で使われます。

今回はこの表現がどのような場面でどのように使われるのか説明していこうと思います。

スポンサーリンク

That works for me の意味

That works for me は、何かの提案に対して自分にとって都合がいいときに「私はそれでいいよ」という意味で使います。

実は work は「働く」という意味が有名ですが、別の意味としても使われます。

ここでの work は「上手くいく」「機能する」という意味で使われ、

That works for me.
(それは私にとって上手くいく) –> (それは私にとって都合がいい) –> (私はそれでいいよ)

というようになるのです。


それでは例文を見てみましょう!

A: How is Sunday ? Is it convenient for you ?
(日曜日はどう?きみにとって都合いい?)

B: That works for me !
(私はそれでいいよ!)

A: What time works for you on Sunday?
(日曜日の何時があなたにとって都合がいい?)

似たような意味を持つ表現


先ほど work で「都合がいい」というニュアンスで使われることを学びました。
同じように都合がいいという場面に使える表現がいくつかあるので紹介します。


Sunday is convenient for me.

これで「私にとって日曜日は都合がいい」という意味になります。

Sunday is good for me.

good を使って、都合がいいことを表現することができます。


都合がいいかを聞く表現については他の記事で紹介しているのでぜひご覧ください!

まとめ

いかがだったでしょうか。

That works for me は、何かの提案に対して自分にとって都合がいいときに「私はそれでいいよ」という意味で使います。

ネイティブが使う表現には意味を知らないと伝わらない表現が多いです。

他にも役立つ表現について紹介しているので、ぜひ読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました