【英会話】都合を聞くときに使う英語表現

英会話

こんにちは、Takuです!

何かの予定を立てるために相手の都合を尋ねることは友人との会話やビジネスの場面でよくあることですが、みなさんはどのような表現を使っていますか?

今回はネイティブが相手の都合を聞くときによく使う英語表現をご紹介します。

この機会にしっかり学んでいきましょう!

スポンサーリンク

都合を聞くときに使う英語表現

「(予定が)空いている」

free

友達や家族との会話で相手の都合を尋ねるときは、freeがよく使われます。

かなりカジュアルな表現なので使う場面には注意が必要です。

Are you free tomorrow ?

(明日空いていますか?)

Are you free on Saturday?

(土曜日は空いていますか?)

available

友人や家族ではなく顧客や取引先などビジネスの場面で相手の都合を確認するときは、freeよりも丁寧でフォーマルな響きがある available をよく使います。

基本的な使い方は free と同様です。

Are you available tomorrow ?

(明日は空いていますか?)

When are you available to meet up next week?

(来週は何曜日だったら空いてる?)

より丁寧に相手の都合を聞きたいときには “would” を使って、Would you be available at 9 am tomorrow? のように表現します。

「都合がいい」

good

日常会話では都合がいいことを good を使って表現することができます。

When is good for you ?

(いつが都合いい?)

What time is good for you ?

(何時が都合いい?)

convenient

ビジネスの場面では good の代わりによりフォーマルな響きがあるconvenientをよく使います。

使い方は good をconvenient に置き換えて使うことができます。

ただし、人を主語にして「Are you convenient 〜?」とは言えないので注意が必要です。

When is convenient for you ?

(いつが都合いいですか?)

A: Saturday is convenient for you ?

(土曜日は都合いいですか?)

B: That works for me !

(私はそれでいいよ!)

最後に That works for me. という表現も紹介しました。

work は実は先ほど紹介した good や convenient と同様に「都合がいい」という意味で使うことができます。

この表現もネイティブが非常によく使う表現ですのでよく知らない方はぜひ読んでください!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はネイティブが相手の都合を聞くときによく使う英語表現をご紹介しました。

「(予定が)空いている」とカジュアルに使える free、フォーマルな場面で使う available、

「都合がいい」とカジュアルに使える good、フォーマルな場面で使う convinent を使います。

ぜひ覚えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました