【英会話】ネイティブがよく使う「 That makes sense 」 の意味とは?

英会話

こんにちは、Takuです!

make sense は辞書では「意味をなす、道理にかなう」という使い方が難しい意味として載っていますが、実はネイティブの日常会話でかなりよく使われます。

今回は That makes sense の意味と使い方について紹介します。

突然耳にすると推測するのが難しいフレーズの1つだと思うので、この機会にしっかり覚えていきましょう!

スポンサーリンク

That makes sense の意味

That makes sense. は「なるほど」というニュアンスの意味があります。

誰かと話していて、相手の話のつじつまが合って理解した場面でよく使われます。

You speak Japanese fluently !

(日本語流ちょうに話すね!)

Thank you, I lived in Japan for four years.

(ありがとう。昔、4年間日本に住んでいたんだ。)

That makes sense !

( なるほどね!)

辞書に載っているような「意味をなす、道理にかなう」などの意味ではイマイチよくわからないですが、日常会話ではこのように使われます。

疑問文 – Does it make sense?

相手にこれまでの話の理解度を確認する場合によく使われます。

Do you understand? とほぼ同じ意味ですが 、Do you understand? は少しストレートで攻撃的に聞こえたり、不躾に聞こえることがあるようで、代わりに Does it make sense? がよく使われている印象です。

Does it make sense ?

( 理解できていますか?)

肯定文の That makes sense を疑問口調にして、That makes sense? としてもよく使われます。

否定文 – It doesn’t make sense.

否定文で「わからない」という意味として使われます。

「意味を成していないので理解できない。」「道理にかなっていなくておかしい。」というニュアンスを含みます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はネイティブが日常会話でよく使う That makes sense の意味と使い方について紹介しました。

That makes sense には「なるほど」と相手の話のつじつまが合って理解したときに使います。

ぜひ understand だけでなく、今回紹介した make sense を使えるようになっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました