【ビジネス英語】RSVPってどういう意味?

ビジネス英語

こんにちは、Takuです!

僕は以前グローバルな企業でインターンシップをしていたことから、しばしば外国人の友人や同僚からパーティーやイベントに誘われることがあります。

そのとき、パーティーやイベントの招待状でRSVPという表現をよく目にします。

今回は招待状でよく見られるRSVPという表現について紹介しようと思います。
こちらは以前、インターン先の企業のパーティーに招待してもらった時のメールです!


注目して欲しいのは、この RSVPという表現です。
今回はこの表現について説明します!

RSVPの意味

意味:お返事お願いします。

RSVPはフランス語の”Repondez s’il vous plait. (お返事下さい)”の頭文字を取った表現で、イベントやパーティーの招待状の最後の方でよく見られます。

例文

「上の招待メールより」

1. Please find the invitation attached, and RSVP through the link below.

(下のリンクから添付された招待状を見つけてご返信お願いします。)


2. Please RSVP by Sunday.

(日曜日までに返信お願いします。)

RSVP 他の使い方

次は他の使い方について紹介します。

なんとRSVPは、上記の使われ方だけでなく、動詞として適切な形に変化して使われます。


【現在・現在分詞形】 RSVPing または RSVP’ing

【過去・過去分詞形】 RSVPed または RSVP’ed

【三人称単数現在形】 RSVPs または RSVP’s


I am RSVPing.  (私は参加します。)

現在分詞だと参加するという意味。


I PSVPed yesterday.  (昨日返信しました。)

まとめ

いかがだったでしょうか?

RSVPは「返信お願いします」という意味で、よくパーティーやイベントの招待状で目にする表現です。

イベントやパーティーの出席確認をする表現ですので、メールを受け取ったら必ず指定された期限までに返信をするようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました