【英会話】ネイティブの使う「Come on」

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんはネイティブがよく使う “Come on” に戸惑ったことはありませんか?
多くの日本人が知っている “Come on” は「こっちに来て、おいで」という意味ではないでしょうか?

“Come on” は使われる状況によって意味が大きく異なります。

今回はネイティブがよく使う「Come on」のいろんな意味について説明しようと思います。

背中を押すときの「Come on」

Why don’t you go to karaoke at night.
(今夜カラオケ行かない?)

Sorry, I don’t like to sing in public.
(ごめん、人前で歌うの好きじゃないんだ。)

Come on! Don’t be shy.
(いいじゃないかよ!恥ずかしがるなよ。)

ここで使われている “Come on !” は「いいじゃないか」という意味です。

何か乗り気ではない相手に対してお願いしたり説得したりして、背中を押すような時に使います。

応援するときの「Come on !」

これはスポーツ観戦などでよく使います。
例えば野球で高い打球がホームランに入りそうか、入らなそうかのわからないとき、
サッカーで攻め上がっていて、応援しているチームがゴールを決めそうなときなどです。

「いけ、いけ!」、「頑張れ、頑張れ!」という意味になります。

残念がる、悔しがるときの「Come on !」

これは例えば、応援しているチームが試合終了直前に逆転されたり、用意していたケーキなどを直前で落としてしまったときに使うイメージです。

日本語だと「くそー!ちくしょー!」という意味になります。

喜ぶときの「Come on !」

この表現はテレビでたまに聞くことがあると思います。

テニスの試合でスマッシュを決めて、”Come on !” と喜びを爆発させるようなイメージです。
日本語だと「よっしゃー!やったー!」という意味になります。

ツッコムときの「Come on」

Why don’t you drink today ?
(なんで今日は飲まないの?)

I can’t drink because I am 16 years old.
(だって16歳だから飲めないよ。)

Come on. you are 26 years old.
(何いってんだよ〜、26歳でしょ。)

ここで使われている「Come on」は「何いってんだよ、やめてくれよ」という意味です。

相手の冗談に対して、「何いってんだよ〜」というようにツッコミを入れるように使います。

喧嘩するときの「Come on !」

You did it on purpose!
(わざとやっただろ!)

Don’t be ridiculous. Come on!
(ふざけんなよ。かかってこいよ!)

ここで使われている”Come on ! “は「かかってこいよ」と言う意味です。

カモーン!と怒ったような口調で言うと、喧嘩を売る表現になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

このように”Come on” には「こっちに来て、おいで」という意味だけではなく、
状況の違いや感情の乗せ方によってさまざまな意味があります。


「いいじゃないか」と背中を押すときの “Come on”
「いけ、いけ!」と応援するときの “Come on !”
「くそー、ちくしょー」と残念がる、悔しがるときの “Come on ! “
「よっしゃー!やったー!」と喜ぶときの “Come on !”
「何いってんだよ、やめてくれよ」とツッコムときの “Come on”
「かかってこいよ」と喧嘩するときの”Come on !”

感情を乗せて会話ができると、よりネイティブに近くことができると思います。
ぜひ覚えて使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました