【英会話】こちらこそありがとうってなんて言うの?

英会話

こんにちは、Takuです!

「ありがとう」と言われたときこちら側も感謝を伝えたい場合、なんと言えばいいのでしょうか?

この場合「ありがとう」に対しての教科書的な回答である「You’re welcome! (どういたしまして)」は使うことができません。

そこで今回は「こちらこそありがとう」を伝えるための英語表現を紹介します。

スポンサーリンク

「こちらこそありがとう」を伝えるための英語表現

Thank you, too.

最もシンプルなフレーズがこのThank you, too.です。

副詞の too は「〜もまた、加えてさらに」という意味を持つので、直訳すると「私からもあなたにありがとう」のようになります。

too を代えて Thank you as well. ということもできます。

No, thank YOU!

この No, thank YOU! はyouを強調するのがポイントで、「ありがとうを言うのはこちらの方です = (こちらこそありがとう)」というニュアンスになります。

もし普通にNo, thank you と発音してしまうと「いいえ、結構です。」の表現と勘違いされてしまいます。明るく言うように心がけましょう。

Likewise

Likewise は「同様に」という意味を持ちます。

相手の「ありがとう」に対して使った場合、「こちらこそありがとう」というニュアンスで使うことができます。

A: Thank you !(ありがとう!)

B: Likewise ! (こちらこそ!)

I am the one who should be thanking you.

ビジネスシーンやメールの返信で、「こちらこそありがとうございます」と丁寧に言いたい場合に使うことができます。

「お礼を言うべきなのは私です(こちらこそありがとうございます)」とフォーマルなニュアンスがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「こちらこそありがとう」を伝えるための英語表現を紹介しました。

ありがとうと言われたときに「こちらこそありがとう」ときちんと感謝を伝えられるように、この機会にぜひ覚えて覚えてください!

また他記事で「こちらこそありがとう」だけに限らず、ネイティブが使うThank you に対して使う英語表現を紹介しているので興味があればこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました