【英会話】「おごるよ」って英語でどう言うの?

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんは「おごるよ」「ご馳走するよ」と言いたいとき、どのような表現を思い浮かべますか。

今回は「おごるよ」「ご馳走するよ」という意味を表す英語表現について紹介します。

なかなか知っていないとわからない表現がありますので、この機会にしっかり学習しましょう!

スポンサーリンク

「おごるよ」を意味する英語表現

It’s on me.

人におごってあげるときに使う定番のフレーズです。

onという前置詞が、「お店で支払うべきお金が自分の上に乗っている(負債している)」というイメージがあります。

ここの“It”は Dinner(食事)やDrinks(飲み物)を指すので、「Dinner is on me(食事は私のおごりです)」や「Drinks are on me(飲み物は私のおごりです)」と言うこともできます。

It’s on me tonight.
(今夜は私のおごりです。)

It’s my treat.

この表現は It’s on me. よりも丁寧な表現です。

お会計時は「It’s my treat」、食事に誘う時は「I’ll treat you」と表現します。

“It’s”を省いて「My treat」ということもできます。

It’s my treat tonight.
(今夜は私がご馳走します。)

I’ll treat you to lunch today.
(今日ランチをご馳走するよ。)

 I’ll get / I got it.

この表現は友達や家族に対してカジュアルでよく使われる表現です。

it は伝票のことを指すので、代わりに「 I’ll get the bill/check 」と言うこともでき、お会計のタイミングに使います。

I’ll get it.
(おごるよ。)

I’ll get the bill today.
(今日は俺がおごるよ。)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「おごるよ」「ご馳走するよ」を意味する英語表現を紹介しました。

他の記事で支払い時に「割り勘で」「別々で」と言いたいときに使う表現について紹介しているので、合わせてご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました