【英会話】「割り勘」「別々で」って英語でなんて言うの?

英会話

こんにちは、Takuです!

今回は支払い時に「割り勘で」「別々で」と言いたいときに使う英語表現を紹介します。

友人と食事に行った際に役立つ表現ですので、しっかり学習していきましょう!

スポンサーリンク

「割り勘」「別々で」を意味する英語表現

split the bill / check

英語で「割り勘」を表すには、この表現が最も使われます。

splitは「分ける、割る」、billやcheckには「請求書」という意味があるため、split the bill / check で「割り勘にする」という意味として使われます。

the bill / check を it に置き換え、split it と表現することもできます。

Let’s split the bill / check.
(割り勘にしよう。)

Let’s split it evenly.
(割り勘にしよう。)

separate checks

個別に支払いをする場合に、 separate 「別の」という形容詞、「を分ける」という動詞の意味で表現することができます。

checks は billに置き換えることもできます。

 Can we get / have separate checks, please?
(会計は別々にお願いできますか。)

We’d like separate checks, please.
(会計は別々にお願いします。)

Let’s go fifty fifty.

友達や同僚と2人できている場合なら、Let’s go fifty fifty.「半分半分で = 割り勘で」と表現することもできます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は支払い時に「割り勘」「別々で」という意味として使える英語表現について紹介しました。

他の記事で「おごるよ」「ご馳走するよ」という際に使う表現について紹介しているので、合わせて読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました