【英会話】copy that ってどういう意味?

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんは copy that という表現を耳にしたことはありませんか。

copy that は直訳すると「それをコピーして」という意味となりますが、実際は別の意味として使われています。

今回は copy that の意味と使い方について紹介します。

スポンサーリンク

copy that の意味

copy that は「了解」という意味として使われています。

copy は「コピーする」「そのまま写す」という意味があることから、「相手の言ったことをそのまま写す→その内容を正確に理解した」という意味で用います。

また that を省略して “Copy” と表現される場合もあります。

A : We are going to meet at 7 in the morning tomorrow.
明日、午前7時に集合します

B : Copy that.
(了解です)

似たような表現

I got it.

get には「(相手の意図・意味)をつかむ」という意味があり、I got it. で「了解」という意味として使われています。

人によっては省略して “Got it.” と表現されることもあります。

Noted.

Noted. も同様に「了解」という意味があります。

これは「君の言ったことメモしたよ」というニュアンスから「了解」という意味として使われています。

Noted. だけでも使うことができますが、with thanks をつけることで、より丁寧なニュアンスを加えることができます。

A : We are going to have a meeting tomorrow.
明日ミーティングを予定しています

B : Noted.
(はい、了解です)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は copy that の意味と使い方について紹介しました。

copy that は「了解」という意味として使われています。

ネイティブが日常会話として使う表現には意味を知らないと伝わらない表現が多いです。

今回紹介した表現もよく使われる表現ですので、ぜひ覚えてみてください!

タイトルとURLをコピーしました