【ビジネス英語】ビジネスメール締め言葉 5選

ビジネス英語

こんにちは、Takuです!

みなさんは英語でビジネスメールをするときにどの表現を使うべきか迷った経験や、
受け取ったときにどういう意味を示すのかよくわからないと思った経験はありますか?

僕は最初の頃はそのように感じていました。

今では少なくとも100回以上は英語でビジネスメールのやり取りをしてきたので、今回は僕のこれまでの経験を踏まえて、よく使うビジネスメールの締め言葉を5つ紹介したいと思います!

締め言葉とは?


日本語では「敬具・かしこ・草々」などが正式な手紙の結びの言葉になりますが、昨今のメールなどではほとんど使われません。

しかし英語でのビジネスメールでは今でも「締め言葉」を使うのがマナーとなっています。


最近では一般的に職場での連絡手段としてはSlackやMessangerといったツールが使われています。

これらのツールを使う場合は「締め言葉」を使わないことが多いですが、Gmailといったメッセージツールを使うのであれば、きちんと「締め言葉」を使っている印象です。


使い方は以下のように、締め言葉,(カンマ)、自分の名前の順で書きます。


「締め言葉」はRegardsの他にもたくさんあるので、今回はよく見る5表現+αを紹介します!

ビジネスメールの締め言葉 5選

1. Sincerely,

Sincerely には日本語で「心を込めて、本当に、正直に」という意味があります。
これを締め言葉として使うと、「心を込めて○○より」という敬意を表すことができます。

Sincerely, よりもさらに丁寧な表現として Sincerely yours,Yours sincerely, といった表現も使われます。

フォーマルな表現なので、顧客や取引先に当てたビジネスメールなどに使うといいでしょう。

2. Regards, Best / Kind / Warm Regards,

Regards を締め言葉として使うと「敬意を込めて」という意味合いになります。
Sincerely よりもややカジュアルに敬意を表せます。

相手に親しみをこめた表現なので、面識がある相手に使用されます。

また kind や best , warm などの形容詞をつけることで、更に親しみのある表現にすることができます。Best regards は「最上の敬意の気持ちを込めて」、Kind regards なら「思いやりと敬意を込めて」、Warm regards なら「温かい気持ちと敬意を込めて」といったような意味合いになります。

同僚に当てたビジネスメールに使うといいでしょう。

3. Best (wishes),

「幸運を祈ります」というときは Best wishes を使います。

これはカジュアルな表現なので、友人や同僚など親しい間柄の人に対して使われます。
もっとカジュアルに言いたいときには、wishes を省略して、Best, と表現することができます。

4. Thank you,

軽い用事など、短いビジネスメールでは締め言葉が大袈裟に感じられる場合があります。
そのようなとき「メールを読んでくれてありがとう。」という気持ちを込めて、Thank you, を使うことができます。

5. Cheers, Thanks,

これはかなりカジュアルな表現です。
ちなみにCheers は Thanks と同様にカジュアルにありがとうを意味します。
同僚や部下に向けて使うといいでしょう。

まとめ


いかがだったでしょうか?
ビジネスメールでの締め表現がたくさんありすぎて、初めは戸惑ってしまうと思います。

以下わかりやすくまとめました。

顧客や取引先などフォーマルなときは、Sincerely,
同僚などややカジュアルなときは、Regards,
友人や同僚など親しい間柄の人などに何か祈るとき、Best (wishes),
軽い用事など短いメールのとき、Thank you,
同僚や部下にかなりカジュアルなときに、 Cheers, Thanks,

ぜひ覚えてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました