【英会話】ネイティブが使う「 Why not ? 」の3つの意味とは?

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんもネイティブが 「 Why not ? 」と口にするのを聞いたことがあると思います。

ただどういった意味で使われているか正しく理解できているでしょうか。

今回はネイティブがよく使う「Why not ?」の3つの意味と使い方を紹介します。

それぞれ場面によって意味が異なるので、しっかり学んで理解できるようにしていきましょう。

「 Why not ? 」 の3つの意味とは

提案や誘いに賛同する「Why not ?」

相手の提案や誘いに対しては、「もちろん」と前向きな賛同を意味します。

これは「Why not ?」を直訳すると「◯◯をしない理由ない」となることから、

「もちろん」「ぜひ」という意味で使われます。

Do you want to go to see a movie tonight ? ( 今夜映画見に行かない? )

Why not ? ( もちろんいいよ。 )

理由を聞き返す返事としての「Why not ?」

相手の発言に対して「なぜ〜しないの?」と理由を聞き返す返事として使われます。

I don’t want to go to see a movie tonight. ( 今夜は映画に行きたくないよ。)

Why not ? ( なぜ行きたくないの? )

提案としての「Why not ?」

why not ~ ? は、「〜したらどうですか?」と人に提案やアドバイスをする際に使われます。

Why don’t you ~ ? という表現と同様の意味として使われます。

Why not study abroad ? ( 留学したらどうですか?)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はネイティブがよく使う「Why not ?」の3つの意味と使い方を紹介しました。

why not ? には「もちろん」と提案や誘いに賛同するとき、「」と理由を聞き返す返事するとき、「」と提案するときの3つの場面に使われます。

「why not ?」を聞いて意味を理解できるようになるには、まずはどの場面でどのような意味で使われるかを理解することが重要です。

ぜひ覚えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました