【英会話】ネイティブが使う Let’s say の意味とは

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんはネイティブが Let’s say を使っているのを聞いて、どういう意味なんだろうと疑問に思ったことはありませんか?

今回は Let’s say の意味と使い方について紹介します。

使える表現を増やして、ネイティブに近づいていきましょう!

スポンサーリンク

Let’s say の意味とは

「例えば」「仮に~だとしましょう」

Let’s say は「例えば」「仮に〜だとしましょう」という意味で、話題を切り出したり、例を出したりするときに使われます。

日常会話で Let’s を省略して Say だけで言うこともあります。

Let’s say you’re free to go anywhere. Where would you go?
(たとえばどこにでもいけるとしたら、どこに行く?)

「〜はどう?」

また Let’s say は「〜はどう?」のように、時間や曜日などの日程を決める際に、控え目な提案をする役割として使われます。

「How about ~ ? 」と同じように使います。

Let’s say 10:30 at the lobby ?
(10時半にロビーでどう?)

Say 1 o’clock ?
(1時は?)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はネイティブがよく使う Let’s say の意味について紹介しました。

Let’s say は「例えば」「仮に~だとしましょう」「〜はどう?」という意味として使われます。

実際に for example や If といった表現よりも日常会話でよく使われますので、ぜひこの機会に覚えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました