【英会話】「It’s none of your business. 」ってどういう意味?

英会話

こんにちは、Takuです!

みなさんは海外ドラマや映画などで 「It’s none of your business.」 というフレーズを耳にしたことはありませんか?

ビジネスの場面でもないのに、なんで business? と感じると思いますが、この表現は日常会話で使われます。

今回は 「It’s none of your business」の意味とその使い方、business を使った他の表現について紹介します。

この機会にぜひ覚えていきましょう!

スポンサーリンク

It’s none of your business. の意味とは

It’s none of your business. は「あなたには関係ない、余計なお世話だ」という意味として使われます。

business という単語には会社や業績といった意味の他に、「(個人的な)事柄 」という意味があります。

そのため、「あなたの事柄ではない」=「あなたには関係ないです」「余計なお世話だ」といったニュアンスになります。

かなり言い方がキツイ表現になりますので、使う場面には注意しましょう。

A: Clean up your room! Too messy!

(部屋をきれいにしなさい!汚すぎる!)

B: It’s none of your business.

(あなたには関係ないでょ。)

また It’s not your business. ということもあります。

business を使った他の表現

mind your own business.

こちらも同じく「あなたには関係無い、余計なお世話だ」という意味になります。

mind は「を気にかける」という動詞、bisiness は「(個人的な)事柄 」ですので、

「自分の事柄を気にして」=「人のことには構わないで」「あなたには関係ないです」となります。

This is my business.

This is my business. は「君には関係ないよ」という意味になります。

business は「(個人的な)事柄 」ですので、「これは個人的な事柄です」=「君には関係ない」となります。

A: I was just helping you.

(わたしはただあなたを助けようとしただけ)

B: This is my business.

(君には関係ないよ)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「It’s none of your business」の意味とその使い方、businessを使った他の表現について紹介しました。

business という単語には「(個人的な)事柄 」という意味があることを覚えていれば、businessを使った他の表現であっても直訳でわかると思います。

使う機会はあまりないとは思いますが、ぜひ覚えてみてください!

英会話
スポンサーリンク
シェアする
Takuをフォローする
TakuEng

コメント

タイトルとURLをコピーしました